st250のある生活(別館)

スズキST250に乗るだけで楽しいと感じる人の記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
○鼻風防(GIVI A650)の件

・鼻風防インプレ

(1)取り付け方
・4点支持なので位置合わせが結構大変。まぁ当たり前か。

・フロントフォーク下部への取り付けについてはステンレスバンドがふぞくしているのだが、それの取り付ける向きに悩みました。ステンレスバンドの固定方法がねじになってて、ねじ回しが入る向きで無いといかんかったので…

・でもさすがに4点支持、かなり頑丈です。振動で風防が揺れることもありません。

(2)走行インプレ

 ○さすが鼻、でかい。まず高くて幅があるので、風が当たるのはヘルメットの上4分の一ぐらい。

 ○風が当たらないので高速道路で車線変更時に後ろ向いてもヘルメットを持っていかれない。楽。

 ○手の前にもシールドがあるため、手に風が当たらない。疲れない。
   感触としてはグリップエンドぐらいに風を感じる。

 ×真夏の季節はちょっと暑い。昼と夕方の気温の寒暖差が大きくなったら
   かなり有効だと思う。まぁ僕はずっとつけてるけど。

 ×ヘルメットの上4分の一とはいえ風が集中して当たるので、ヘルメット内部にちょっとこもった風切り音がする。

 ×位置合わせがずれてるのに気づいても簡単には直せないw

 ×まっすぐ取り付けないとハンドルが風に取られやすくなる。
  (調整後は大丈夫)

(3)先代A605との比較

 ・鼻風防よりA605の方がスタイリッシュ。(相対評価)

 ・真夏はA605の方が風を感じられていいかも。

 ・反面、鼻風防はハンドガード代わりになるぐらい大きな風防なので
  ロングツーリングには最適かと思う。

そんな感じで。
ヘルメットには完全に風が当たらなくなるかと思ってたけど、そうでもなかったのが以外でした。ちょっと期待には外れたけど、それでも風防の効果は驚異的。

とりあえずおなかに当たる冷たい風を避けたいとか、体全体で船の帆のように風を受けるのをやめたいと思うならA605を試してみてはいかがでしょうか。
または、「いやいや私は長距離走ることが多いし冬も乗り倒すぜ!」という人ならA650がオススメ。

まぁどちらにせよ、位置調整は何度かしないといけないとは思います。まっすぐ取り付けるのって結構難しいわ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

気団 ('A`)
  • Author: 気団 ('A`)
  • 気団32歳。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。